2015年08月26日

ソードワールド 2.0 スタートセット

写真 2015-08-08 16 00 02.jpg
ということで、ソードワールド2.0の「スタートセット」をゲットしてみました!

写真 2015-08-08 16 00 09.jpg
旧ソードワールドには、ずいぶんお世話になりましたが、2.0はまったくもって
触っていないので、さてどうするか。。。という感じでしたが、店頭のディスプレイみてたら
むくむく購入意欲が沸いてきて、そのままお買い上げ(笑)。

とにかく箱がずっしり重い!
D&D4版のスタートセットはスカスカ持ち運びに便利な軽量タイプでしたが、
こちらはボードゲーマーも納得の重量感。というかゴーストハンター13タイ(ry

写真 2015-08-08 16 02 14.jpg
まず目を惹くのがマスタースクリーン。
一般的にマスタースクリーンって重要アイテムにも関わらず、公式にラインナップされない
ことも多いので、スターターセットに付属するのはポイント高し。

写真 2015-08-08 16 02 05.jpg
裏面にはデータびっしり。

写真 2015-08-08 16 02 51.jpg
こちらはマップタイル。
数は少ないですが、和製RPGっぽいダンジョン感が出ていて、割と貴重なアイテムかも。
組合せでいろいろなパターンが作れそうなのがイイですね。

写真 2015-08-08 16 03 09.jpg
トークン類は厚手で頑丈なのが好印象。
お金のマーカーも用意されていて、徹底的に紙と鉛筆を使わない方向性は
非常にボドゲライクですな。
モンスターのポーンがシルエットに割り切っているので、逆に汎用性が高くて良い。

写真 2015-08-08 16 04 56.jpg
この手のスターターは大抵ダイスが1人分しかついていませんが、六面オンリーとはいえ
色違いのダイスがこれだけ入っているのは素晴らしい。。。!
ライフ等を示すマーカーもどっちゃり入っていて、かなりのお得感です(笑)。

写真 2015-08-08 16 06 28.jpg
こちらはモンスターのスタットカード。
意外と種類が入っていてビックリw 定番系に混じって恐竜みたいのが。。。!

写真 2015-08-08 16 07 22.jpg
もちろん魔法も全てカード化。
一覧になっていて参照しやすいのは良いですね。

写真 2015-08-08 16 04 37.jpg
こちらはプレロールドキャラクターのカード。
ちゃんとタビットもいるので、女性受けも良いよ!(嘘)
ステータスだけでなく、フレーバーやバックグラウンドもしっかり用意されているのは
和製RPGならではですな〜。

写真 2015-08-08 16 08 32.jpg写真 2015-08-08 16 09 24.jpg
装備やアイテムも全てカード化されているワケですが、こちらは細長の変則サイズ。
で、これをどう使うかというと……

写真 2015-08-08 16 09 34.jpg
こんな感じでキャラクターカードに付けることで、ステータスの変化がわかる仕組み。
コレ地味に良いアイデアですね〜!
TRPG系のボドゲもどんどん採用したら良いと思うよ。

写真 2015-08-08 16 00 30.jpg
このセット用の簡易ルールとシナリオブックが付属。

写真 2015-08-08 16 00 51.jpg
ルールブックのほうは、図表がふんだんに使われていて実にわかりやすい。
この辺もボドゲのルール的な印象がありますね。

写真 2015-08-08 16 01 19.jpg
シナリオのほうは、ソロシナリオとミニキャンペーンが付属。
ひとつひとつのボリューム感も手ごろで、状況説明も読み上げるだけなので、
買ってすぐ遊べそうなのも、良く考えられてるなぁ〜と。


随所にゴーストハンター13を感じさせる作りですが、あちらが「TRPG風のボードゲーム」
なのに対して、こちらは「TRPGをボードゲーム化」という、今までありそうでココまで
しっかり作り込んだものは無かったという点で、非常に好感触な作品です。
これをきっかけに、ちょっとソードワールド2.0も手を出してみるかな〜なんて(笑)



posted by ハルバラド at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この商品を買うかどうか迷っていたのでとてもためになりました。
Posted by 鷹高慶一郎 at 2016年06月26日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック