2016年06月11日

ウォーハンマークエスト・カードゲーム

やーまさかの日本語版発売でしたね
絶対でねーと思って英語版買っちゃいましたよ(苦笑)。

写真 2016-06-05 17 32 15.jpg
『ウォーハンマークエスト・カードゲーム』

本家ミニチュアゲームのほうは、「エイジ・オブ・シグマー」展開で
ウォーハンマークエストのリメイクも発売されてますが、こちらは
みんな大好き「オールドワールド」が舞台の協力ゲームです。

もうカバーのウォリアー・プリーストみるだけで感涙もの(笑)。

写真 2016-06-05 17 32 20.jpg
ボードは使わず、カードを並べてダンジョン探索していくタイプの
ゲームですね。

写真 2016-06-05 17 36 26.jpg
パーティメンバーは4人。
  • ウォリアー・プリースト
  • ブライト・ウィザード
  • アイアンブレイカー
  • ウェイウォッチャー

と、これまたオールドワールドな組み合わせ。
でも知らない人に熱く語りだすと( ゚д゚)ポカーンとされてしまうので、
素直に「僧侶・魔法使い・ドワーフ・エルフ」と言っておきましょうw

写真 2016-06-05 17 36 33.jpg
各キャラクターごとにアクションのカード(4種類)があり、同じ行動でも
効果が異なります。
さらに「基本」と「上級」のバリエーションが。。。!

写真 2016-06-05 17 40 36.jpg
ゲーム中には、こういった武器やアイテムをゲットして
キャラを強化することもできます。

写真 2016-06-05 17 34 35.jpg
基本セットには全5シナリオ+ランダムダンジョンがあります。
これ絶対拡張パック出るパターンですわ(笑)。

シナリオ毎に定められた勝利条件を満たせばクリア!

写真 2016-06-05 17 38 56.jpg
ダンジョンは「ロケーションカード」で表現され、場所ごとに特殊な効果
(主に悪い効果っぽいw)が発生します。

「探索」アクションを実行して、各ロケーションに設定された数の
トークンを乗せると、次のロケーションへと移動できます。


写真 2016-06-05 17 37 40.jpg
各ロケーションでは敵がわらわらと登場。
グリーンスキンにスケイブンと、まさにオールドワールドなラインナップ!

あと「宿敵」なるボスキャラも登場します。

写真 2016-06-05 17 41 18.jpg
やっぱり、この手のゲームには欠かせない専用ダイス!
白ダイスがプレイヤーで、黒ダイスがモンスターの攻撃用です。


ということで、とりあえず開封のみ。
ルールは案外シンプルですが、カード効果が山盛りなので、
つど確認で時間はかかりそう。。。
てか遊んでくれるメンツはいるのだろうか。。。??w




posted by ハルバラド at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック