2017年12月19日

ロード・オブ・ウォーターディープ

この記事はボドゲ紹介 Advent Calendar 2017 19日目の記事です

18日目は ats0101さんの「アブストラクトゲームについて」でした
実に読みごたえある記事です!

ということで本ブログで紹介するのは

『ロード・オブ・ウォーターディープ』
(ウォーターディープの支配者たち)

写真 2017-12-19 0 45 42.jpg
箱絵からアメゲー臭がぷんぷんしますね
いかにもダイスじゃらじゃらしそうな雰囲気ですが
その実 中身は渋すぎるほど渋いワーカープレースメントです

写真 2017-12-19 0 45 42b.jpg
箱絵にデカデカとあるように このゲーム
世界初のテーブルトークRPGである
ダンジョンズ&ドラゴンズ
の世界観をベースにしたボードゲームなのです

ダンジョンズ&ドラゴンズ(以下 打つのがめんどいのでD&D)は
多種多様な世界設定(ワールドセッティング)が存在しますが
本作は その中でも人気の高い『フォーゴトン・レルム』という
背景世界がテーマになっています

E58699E79C9F202014-12-3120820482022.jpg
正義のダークエルフ(ドラウ)・ドリッズドが活躍する
『ダークエルフ物語』『アイス・ウインド・サーガ』
も このフォーゴトン・レルムが舞台となっています

ちなみに「ウォーターディープ」とは この世界の主要な
地方である「フェイルーン大陸」のソードコースト沿岸に
ある巨大都市のことです

写真 2017-12-19 0 46 20.jpg
ゲームボードは このウォーターディープの街を
表しています

写真 2017-12-19 0 46 55.jpg
プレイヤーは 5つの勢力いずれかを担当します
それぞれに背景設定がありますが 能力差とかはないので
特に気にせず色で選びましょうw

写真 2017-12-19 0 48 22.jpg
自分の陣営のワーカーを受け取ってゲームスタート!
プレイ人数によってワーカー数が変わります
※プレイ人数が多いとワーカーが少ない

また全8ラウンド中 5ラウンド目の開始時に
ワーカーが1個追加されるようになっています

ゲームの大まかな流れは…
  1. 宿屋からクエストを獲得する
  2. クエスト達成に必要な冒険者を雇う
  3. 冒険者を派遣してクエスト達成!
写真 2017-12-19 0 52 05.jpg
これがクエスト
クエストには「武力/進行/奸計/秘術/取引」があり
『達成に必要な冒険者の種類と数』
『達成で獲得できるポイントや報酬』
が書かれています

写真 2017-12-19 0 56 14.jpg
クエスト達成には4色のキューブ(冒険者)が必要
  • 戦士 =オレンジ
  • 盗賊 =ブラック
  • 僧侶 =ホワイト
  • 魔術師=パープル

クエストの種類により たとえば武力クエストは戦士が
たくさん必要という具合になっています

写真 2017-12-19 0 52 51.jpg
ゲーム進行は いたってシンプル
手番が来たら ワーカーを1個 マップ上の
施設に配置してアクションを実行!

全員がワーカーを置ききったらラウンド終了

できるアクションの種類は

  • 冒険者を雇う(キューブの獲得)
  • お金を獲得
  • クエストの獲得
  • 次ラウンドのスタートプレイヤー獲得
  • 陰謀カードの使用
  • 施設の建設

があります

写真 2017-12-19 0 54 02.jpg
空いてるマスにワーカーを置いて アクション実行!
これだけ!
上図だと 戦士2個を獲得するアクションをおこないます

当然 先にワーカーを置かれた施設は 次ラウンドまで
使用できないので プレイ順や置く順番は重要!

写真 2017-12-19 0 56 39.jpg
手番の終わりに 獲得済のクエストを1枚だけ達成する
ことができます

このクエストなら 戦士・僧侶・盗賊1個ずつと4金を
支払うことで 9点+盗賊4個を獲得!

またクエストには『計画クエスト』という種類があり
達成すると 以後のゲーム中に永続的な効果を得られる
ものもあります

写真 2017-12-19 0 53 05.jpg
変わっているのが「施設の建設」アクション
場に常に3つの施設タイルが表になっていて このアクションを
実行すると そのうち1つをコスト(お金)を払って建設可能

写真 2017-12-19 0 53 24.jpg
建設された施設は ボードの空いている個所に置かれます
このとき 建設したプレイヤーのマーカーで 誰が建てたかを
わかるようにしておきます

写真 2017-12-19 0 53 30.jpg
こうして建てられた施設も アクション可能なマスとして
ワーカーを置けるようになります

このとき 建設したプレイヤー以外が使用すると その施設の
所有プレイヤーにボーナスが入る仕組み
ゲームが進むごとにアクションが増えていく というのが
ちょっと変わっていて面白いポイントなのです!

写真 2017-12-19 0 58 40.jpg
ウォーターディープ港でプレイ可能なのが『陰謀カード』

これは即時効果のイベントカード的なもので 自分のリソースを
増やしたり 相手の手持ちを削ったり お邪魔クエスト
(押し付けられた相手は このクエストをまずクリアしないと
 他のクエストが達成できない)を出す といった効果が

写真 2017-12-19 0 58 43.jpg
また ウォーターディープ港に置いたワーカーは
ラウンド終了時に 空いているマスに再配置して
もう一度アクション実行可能 という特典も

ここも 取り合いとタイミングが なかなかに熱い!

といった形で 長いようで短い8ラウンドを終えると
最終得点計算

写真 2017-12-19 7 41 10.jpg
ゲームの最初に『ロードカード』(プレイヤーの担当する
キャラクター)が配られ この最終ボーナスが入ります

例えば『金貸しマート』のキャラを担当した場合
ゲーム終了時に達成済のクエストのうち「取引/信仰」
のクエストがあれば 1枚4点のボーナス

これがかなり大きいので 自分のキャラクターに合った
クエストをこなしていくのが重要
(とはいえ そうそう上手くはいかないこともw)

ということで ゲームはいたってシンプルながら
手番取りやアクション順 どこで得点を伸ばすかなど
非常に悩ましい よいワーカープレースメントとして
大変おすすめなゲームです

プレイ人数に関わらず良いバランスで かつ90分程度で
古き良きユーロゲームを楽しめます!

なお拡張の『スカルポートの悪党たち』を加えることで
よりインフレしたゲームバランスや『悪徳ポイント』という
新たな要素を追加して楽しめるのも高ポイント

現在 日本では入手難ですが D&D5版の日本語展開も
始まったということで ホビージャンパンさんひとつ
再販お願いいたします
m(__)m


ということで 明日はかーん君(tamakiV9)が何か
書いてくれるようですよ
これは楽しみ!










posted by ハルバラド at 13:33| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: