2018年06月13日

【レビュー】覇王龍城

上海的なアレを早速遊んでみたよ!!

DeuYPeCUYAAi6Fa.jpg

ずっしりぎっしりな牌が詰まっていて それだけでも
((o(´∀`)o))ワクワク

Dezlql1UwAAYd4F.jpg
こんな感じの牌が100個以上!
※なおほんとはゲーム開始時は最大3段に積み上げます
 写真撮り忘れたんだよ。。。

手番になったら…
・一番高い段の「有効牌」(長い方の辺が片方か両方空いている牌)を1個取る

これだけ!
そしてここから3つの選択肢があります
  1. いま取った牌と全く同じ牌を好きな段から取る
  2. 屋根を1個獲得する
  3. いま取った牌を捨てて1点獲得する
1-2の場合は 取った牌を自分のボードに配置します
(配置するときは空いてるマスの好きなところに置ける)
※あとのほうで裏返しの牌ができると その上にも置ける

牌を置いたことで 同じ種類の牌が4個以上隣接したら
その塊を全部裏返して得点ゲット!

このとき裏返した枚数により得点が変わります
4個だと2点…5個だと3点…6個だと5点…と
できるだけ一度にたくさん裏返したほうが高得点
…なので 微妙にずらして配置して一気に裏返したいところ

Dezlql1VMAYbYSc.jpg
あと 牌を裏返したときに 手持ちの屋根を置く権利が発生
(屋根はいま裏返した牌の上に配置可能)

屋根はゲーム終了時に得点となり 配置した高さ(牌の段数)
により加点されます
(1段目…1点/2段目…2点/3段目以上…3点)

こちらも効率よく牌を配置⇒裏返して できるだけ高い段に
置くことを目指したい!

…という感じでゲームが進行し 場の残りが1段だけになると
手番で4つ目の選択肢が発生!
  1. いま取った牌と全く同じ牌を好きな段から取る
  2. 屋根を1個獲得する
  3. いま取った牌を捨てて1点獲得する
  4. 古代龍トークン(2点)を1枚取る
トークンを取った下の面に「!」マークが出現したら
そのラウンドでゲーム終了

なので勝てる目算が付いたらトークン取りに行くのもアリアリ

DfSmzk0V4AAd2Wj.jpg large.jpg
ゲーム終了したら 屋根の分の得点トークンを取り合計点の
一番高いプレイヤーが勝利!

手番でやることはシンプルながら 牌の取り方・置き方が
ものすごく悩ましい…!

うっかり見落としがあると 相手に有利な牌を取れるように
してしまったり 逆に自分が欲しい牌をカットされたり
(自分がいらない牌でも捨てて1点取れるので)と悩ましく
パズルっぽいゲームかなーという想像とは違って楽しい!

あと上級ルールを入れると
「ゲーム終了時の配置によるボーナス」
「ゲーム中に使える特殊能力」

のカードを1枚ずつ使うので よりゲーム展開に幅も出て
リプレイ性も非常に高くなります

場の牌の配置も いろいろなバリエーションが説明書で
紹介されており繰り返し遊ぶのに適した非常に良いゲームでした!

見た目も良いし ルールも簡単で プレイ時間も1時間以内と
実にボードゲームカフェ向きなゲームではないかと!(笑





posted by ハルバラド at 12:09| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: